よくあるQ&A

2009年09月01日

Q.設計監理ってなんですか?

A.設計監理とは、品質管理のための業務です。

08現場監理.JPG 設計監理

現場監督の行う「管理」とは違い、建築が図面どおりの品質に保たれているかどうかを確認する為の「監理」です。

あなたの代理人としてプロの目線で建設現場をチェックします。
現場監督を監理する役割と捉えてください。
基本的には1回/週程度現場に出向き、チェックを行い、必要に応じ現場に是正指示を行います。
現場は小さな住宅でも100人以上の職人さんが関わります。これだけの多くの人間が関わる以上、悪意は無くとも必ずミスは起きる物です。それを未然に防ぐ為には監理は必ず必要です。

また、現場段階で必要な行政への申請なども行います。
法的に設計者と監理者は必ず求められ、監理者不在では行政への対応は行えません。

設計事務所の業務は、図面を書くことが主ではありますが、図面では書ききれない情報もたくさんあり、現場で顔を合わせ伝えることは、良い建築を造る上で大切なことです。

なお、以上の事から、必ず設計監理契約を行う為、設計だけや監理だけの業務はお断りさせていただきます。ご了承ください。



posted by IKA at 23:10| 業務内容に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。